会員権を持ってゴルフを楽しむメリット

ゴルフの会員になった時のメリットを知り、あなたのゴルフライフの可能性を広げよう!

ゴルフの会員権とはどんなもの?

会員権を持つことを考えた時に、一番気になることは料金だと思います。 特典やサービスが良くても、未会員とたいして料金が変わらないとなると会員権を持つことはどうしても躊躇してしまうものです。 それでは実際に、料金にどれ程の差がありお得になるのでしょうか。

会員権を持つことで得られる特典やサービス

会員権を持とうと思った時に、会員ならではの特典や得られるサービスはどんなものがあるのか気になるのではないでしょうか。 魅力的な特典やサービスがなければ、会員になろうとは中々思えませんよね。 会員ならではの魅力的な特典やサービスとはどんなものがあるのでしょう。

ゴルフの会員権を持つと得られるその他のメリット

会員権を持つと未会員の場合より料金がお得になること、会員ならではの特典やサービスを受けることができるのは然る事ながら、それだけではなく他にも会員になることで得られるメリットは沢山あります。 それでは、他にはどのようなメリットがあるのか確認してみましょう。

会員権を持つとお得になる料金

会社の接待でゴルフに触れて面白さを知った人、体を動かす趣味が欲しくてゴルフに興味がある人、昨今のプロゴルフ界の盛り上がりに触発されて自分も挑戦してみたくなった人、ゴルフと縁があり子どもの頃から触れてきた人、其々に様々な理由がありゴルフの会員権に興味があるのではないかと思います。
では、ゴルフ会員権とはどのようなものなのでしょうか?

ゴルフ会員権は株式のように市場で取引されており、価格は基本的にゴルフ場の質、交通状況、経営状態で決められています。
その為、会員権の料金は一律ではなくゴルフ場によって様々です。
会員権には主に株式制度と保証金制度が選定されており、ほとんどのゴルフ場では保証金制度が適用されています。
保証金制度とは、入会時に預託金と入会金を支払うもので入会金は返金されませんが預託金は約10年後、会員を退会する際に無利息で返金されるものです。
しかし、ゴルフ場の経営が悪化してしまっていると預託金の返金がされない可能性もあるので入会する際は経営状態なども必ず確認してください。
入会費用ですが、入会登録料、保証金、年会費の合計金額となります。
また、保証金制度では入会保証金証券が実質の会員証となります。

名義書換料は、名義を変更する時にゴルフ場に支払う料金です。
市場で購入した場合など、利用者が変更になる時は必ず次に会員権を利用する人の名義に変更しなければなりません。
名義を変更しなければ、折角購入した会員権も利用することは出来ません。
名義変更で入会する場合、会員権代金、取扱い手数料、名義書換料、年会費の合計金額が入会金費用となります。
ゴルフ場によっては、預託金も必要となる可能性もあります。

ゴルフ場によっては、年齢が20歳を越えていないと入会できないなどの条件を設けている場合もあるので通いたいゴルフ場はどうなっているのか事前に確認が必要です。